血圧を下げる料理

血圧を下げる食べ物と料理

高血圧食事,高血圧食べ物,高血圧食品

血圧が高いと診断された場合、運動療法や食事療法が最初の対策になります。
まず、わかりやすいのが食事療法です。塩分の摂りすぎが高血圧の原因の一つです。心不全の悪化要因にもなるので、減塩は基本的な食事療法です。

 

カリウムが豊富な新鮮な野菜を取り入れる

 

ナスやかぼちゃ、トマト、ニンジンといった色がついた緑黄色野菜を摂るようにします。身体の中で不要になった塩分を腎臓から排出するためのカリウムが豊富に含まれています。ただし、できるだけ新鮮な状態で食べるようにします。カリウムは熱に弱く、煮たりすると流れ出てしまうからです。

 

腎臓の働きが弱ると体内に余分な塩分が残るので血圧が上がってしまいます。慢性糸球体腎炎とよばれる腎臓の病気では高血圧を招きます。

 

高血圧食事,高血圧食べ物,高血圧食品

カリウムを含む食材としては他に、

 

  • キュウリ
  • レタス
  • キャベツ
  • りんご
  • ホウレンソウ
  • アボガド
  • パセリ

 

などがあります。
こうした食べ物を規則正しく摂取し、塩分を減らし、適度に運動して血圧を下げることができれば、場合によっては降圧薬に頼らなくてもよくなります。

 

ただし、勝手に薬を止めるには危険ですから、必ず主治医の先生と相談してください。食生活がしっかりしてくると、血圧だけではなく体重も減ってくるのでダイエットもできます。血圧を下げるためにはまず食事から改善することが重要であり基本です。

 

最近では魚に含まれるオメガ3脂肪酸(DHA,EPA)も血圧に効果があるのではないといわれています。また、魚に含まれるDHAやEPAは、血液をサラサラにする効果があります。したがってサンマやイワシなどを含んだ料理は大いに推奨されます。

 

また和食に多く含まれる大豆類なども、血液サラサラ効果が良く知られており、ナットウキナーゼという言葉を聞いたことがあると思います。血液サラサラにして、血圧を下げるのではないかと期待されています。

 

ただし、1品だけたくさん食べればよいというわけではありません。必ず様々な食材をバランスよく取り入れるようにしてください。

 

当サイトおすすめの高血圧サプリはこちら

高血圧食事,高血圧食べ物,高血圧食品